So-net無料ブログ作成
骨折リハビリ日誌 ブログトップ
前の7件 | -

忘れかけていた骨折の話 [骨折リハビリ日誌]

もうすっかり記憶にも出てこないぐらいの「左肘頭開放性粉砕骨折」
なのに、これまたアクセス解析でみていると、
検索ワード「骨折」「肘頭骨折」「抜釘」などなど、
骨折の情報を求める人が多いようだ。
私のこんなブログの検索キーワードNo.1が骨折(笑)

もう約3年9ヶ月も前の話。
開放性(骨が皮膚を突き破って体外から出てしまうこと)粉砕骨折(肘頭が粉々に)は状況的に絶望的だったうえに、開放性もあって感染症で再手術&ワイヤー早期取り出しで「関節の可動域に粉砕された骨が再び散らばらないか」、固定ワイヤーを安定しないままに取り出したためにギブスを長期装着して治療することになり「再固定による可動域が狭くなるかも」と問題を抱えてリハビリ。
でも、今は通常の人並み・・・・いやそれよりも屈伸角度はあるかも?

それもこれも、主治医のおかげだと思う。
芸術的な技術、そして、自然治癒で、という先生のリハビリ方法。
これが私に一番効果を奏していたのだろう。

あ。(^^;

こんな記事書いてて、思い出した・・・・・
リハビリ日記をゆっくりとUPしていくつもりでいたのに、
いつの間にか頓挫してる(笑)

まぁつまりはそれだけ普段とかわりなぐらいの快復だったわけだ。
で、今はその縫い痕ぐらいがあその時の大変さを残しているかな?

骨折し治療する時に大事なのは、
まず、骨がきちんと繋がる、もしくは欠けた部分が埋まるまで、
体調管理をしっかりするってこと。
主治医に言われたのが
カルシウムを消費するような生活をしないこと。
まず、『風邪をひかない』。
これは、風邪をひくとカルシウムをかなり消費するそうだ。
これは歯医者でも治療中に同じことを言われた。
次に『体を使わない』
これは階段よりエスカレーターやエレベータを使うなど、
普段の生活で軽く運動していることですら、カルシウムを使うそうだ。
骨がつくまでは運動は避けてくださいとのこと。(これは足の骨折だったら否応なしに動けないので、腕などの上部の骨折の場合かな?)
あとは当たり前だけど『カルシウムは毎日摂取する』こと。

そして、骨がついたら、軽く負担をかけながらリハビリ。
屈伸の時に痛いと感じたら休める。
痛いかな?ぐらいの負担はOKだけど、
普通に痛いと思うのはNG。
そして、リハビリは毎日の生活の中ですること。
洗顔する、洗髪する、茶碗を持ちご飯を食べる・・・・・
そんな骨折をする前と同じ日常の動きをすることでリハビリとする。
そして、私の場合、肘骨折だったから、
屈伸などの動きにもう片方の手でその動きをフォローしない。
第三者に協力してもらわない。
あくまでも、怪我した腕が日常の動きの中で、
しかも怪我した腕自体の自力で治すこと。
以上のようなことを私のリハビリとして指示され、それが功を奏して現在に至る。

最後に付け加えると、
主治医のコメントによると、私の筋肉や関節が普通の人より柔軟性に富んでいたことも快復の善し悪しに影響していたらしい。
なぜなら、シーネを外した瞬間に、曲がったままであるのが通常の状態なのに、「やれやれ」と腕を伸ばせたのである(笑)これには主治医も看護師も沈黙して、「まさかシーネを使ってなかったの?家で外してた?」と疑われるぐらいだった(笑) ちゃんと寝る時も装着してたんですけど(笑)
日々の生活の中で、柔軟運動などで筋肉や関節を柔らかくしておくのは大切だ。怪我をしてから・・・ではなく、なにか起こっても対処できる体づくりが大事なんだと感じる骨折リハビリだった。

このブログに「骨折」の悩みでアクセスされた方へ--------------------

骨折して先が見えない治療中やリハビリ中の不安は、
その状況にならなきゃわからないけど、
でも、治らない骨折や怪我はないから、
ちゃんと治って毎日の生活を不便なくしているイメージを持って、
焦らず毎日の小さな変化に自分自身でリハビリ中の部位を褒めたり励ましながら、
リハビリをしていけますように。

--------------------------------------------------------------

nice!(6)  コメント(6)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

痛みは消えて・・・・ [骨折リハビリ日誌]

『開放性左肘頭粉砕骨折』から早や2年が経った。

まだまだこれからも・・・・


nice!(9)  コメント(11)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

ボルトが抜けた~!! [骨折リハビリ日誌]

今朝、抜釘手術を済ませた。


↑これが半年私の肘頭を固定してたボルト。38mmはある…

しかし…なぜかNa先生の手術って、
看護師さんも楽しくて…(^^;
切開中でも笑えてしまう。



麻酔(局所)がなかなか効かなくて、
看護師さんに量を追加する時、Na先生が、
「あ、別に麻酔をケチってるからじゃぁないからね。」
…って、だれもそんなこと思わないって(笑)
このNa先生の突発的な言葉はいつも笑える。
看護師さんも笑ってるし。(^^;

手術室に入って、最後のレントゲンを撮って出るまで1時間。
抜釘て早い~♪だから、日帰りな訳ね。

手術室出る前に、
今までのレントゲン写真のDATAが欲しいなぁ~と言ってみた。
すると…
「じゃぁ、このフィルム持って帰って好きに撮ったら?
デジカメならDATAでリスト作れるし。」
…って、先生…今、持って帰るの?(^^;
「ただし、ブログとかHPとかで乱用しないように。
結構、みんな載せてるでしょ?あれはあまりしないでね。」
…だって。(^^;
個人情報の一環だそうです。
個人的にDATAをとるのはいいけど…だと先生は真面目におっしゃってた。

その前に、Na先生は私のブログを知ってるのかなぁ?
見てるとは思わないけど。(^^;

そんなこんなで、レントゲン写真は来週に持ち越し!
とりあえず、来週に持って帰ってDATAを撮ろう。

ただ今、左肘は夏の状態に戻ってます。
包帯でグルグル巻き、曲げにくい~!!
そして、ボルトを抜いたその骨に出来た穴が埋まるのは…
自然の流れで埋まるのだそうです。
…人間の体ってすごいよね~
バイクじゃ自力で自然治癒なんてないもんね。(^^)


nice!(9)  コメント(11)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

ぼちぼち [骨折リハビリ日誌]

さきほど、久々にM病院で診察を受けてきた。

これまた、久々のNa先生のニコニコの笑顔を見ながらの診察。

骨はちゃんと隙間を埋めて、すでに健常な状態に治っている!

めちゃ嬉しい~(^o^)/

でも、癌の治療があるので…と言う事で、

最後のボルトの抜釘手術をこの金曜日にすることに決定!

年内になんとか、切った縫ったが済ませれそう。

…来年は穏やかな一年になりますように…

相棒曰く、

「普通は大なり小なり手術は一生に1回あるかないかなのに、

君は何回やっているのだろうね~(^^;」

う~ん。確かに。


nice!(7)  コメント(7)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

骨折リハビリ日誌 《其の八》 退院その後 [骨折リハビリ日誌]

7月6日~11日

退院した翌日、いつものように出勤!
…といきたいところだが、
手術したて、骨折したての非常に危険な状態だと認識しているので、
いつもよりペースを遅めの出勤タイムとなった。

肘の粉砕骨折!
でも幸運にも肘関節以外は問題なく動くのだ!
だからPCでの仕事にも何ら支障なくできるので助かる。
『ほんまに骨折手術「したん?』とまで言われるぐらい(笑)

手術から2日後、左の腕はまるで『ドラえもん』ような手になってしまった。
パンパンに腫れあがっている。
切開&骨折手術後はこんなに腫れるんやなぁ…(^^;

続きを読む


nice!(0)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

がんばるぞ! [骨折リハビリ日誌]

【骨折リハビリ日誌 LIVE編】−9/6

骨折手術からちょうど2ヶ月。
感染症治療手術でワイヤーを抜釘から1ヶ月。
固定シーネギプスを外してから3週間。

久々のNa先生の診察だ。

レントゲンで骨の状態をチェック。
粉砕したパーツはワイヤーなしでもなんとか位置を保って安定している。
しかし、ワイヤーでの圧力がないぶん、隙間があるため骨の癒着がまだ始まってない様子だ。
まだまだ油断禁物!
『さて、肘の屈伸はどうかな?伸ばしてみて。』
とNa先生が心配そうに腕を眺める。
は〜い♪と言う気分で腕をひょいっと伸ばした。
『えっ!』とNa先生が驚き見入る…
『え?なんかマズイんですか?(^-^;』
『いや、すごくいい!めちゃくちゃいいよ!』
『…でもまだ右のように伸びてないんですよ〜(^-^;』
『君の靭帯も筋肉も柔らかいんだよね。』
とNa先生が満面の笑顔で説明してくれた。
どうやら私の筋肉、靭帯は普通の成人のものから比べたら遥かに柔らかいらしい。
右腕の伸びた状態は赤ちゃんと同じぐらいに柔らかく伸びているのだそうだ。
しかも、それだけではなく2度に渡って手術してシーネギプスでの固定期間も通常の倍となり、
先生はその場合、可動域が120度/30度ぐらいになるだろうと(予告あり)懸念していた。
ある程度、私も覚悟はしてたのだか…
予想外にも私の腕が早期にしかも想定以上の可動域まで回復していたのだ!
現在、可動域は130/0!
『今、君の左腕が伸びてる状態が普通の成人の腕の状態だからね(笑)』
と、この状態に嬉しそうに先生が言う。
なんだか私も嬉しい〜!
再来週に迫る手術にも治療にもこの回復力が発揮されるといいけど。
Na先生の驚き喜んでくれた顔に元気をもらえた(^o^)

ラストに乳ガンの手術を受ける話をした。

その治療が落ち着いた頃にまた肘の検診をすることになった。
2ヶ月半はNa先生に会えないな〜(残念(^_^;))
でも入院先の病院にはNa先生の知り合いの先生がいらっしゃるそうだ。
…お見舞いにきて〜と一言いえばよかったかな?(笑)


nice!(12)  コメント(14)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

骨折リハビリ日誌 《其の七》 退院 [骨折リハビリ日誌]

7月5日

病院での朝は早い。
看護師さんたちが忙しなく患者の様子を見て動き回っている。
目覚めてまず左指を動かす。
やっぱりちゃんと動く。
腕を動かす。
肘以外の関節や指などは問題なく動く。
手術の成功を実感。
さらに痛みは昨日に比べるとかなりマシになっている。
鎮痛剤を使わなくても平気だ。
ただ、プクッと手がむくんでいる。
術後には当然の結果のむくみだ。(^^;

こりゃ、なんだか早く治りそうやん♪
しかも今日はもう退院できるとわかっているだけに気分もいい。

続きを読む


nice!(0)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康
前の7件 | - 骨折リハビリ日誌 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。